NX Inc.|㈱エヌエクス 環境課題へのソリューション

エコソリューション事業

エコソリューション事業は、ベンチャー企業等が保有する革新的新技術・ノウハウを中心に、ビジネスシーズの発掘と大手企業等ビジネスパートナーとのマッチング、さらには新たな市場開拓に係るコーディネートサービスを業務としています。 事業として取り扱う主なテーマは事業名の通りエコ・新エネルギー関連で、経験豊富なスタッフを中心に、最近では超高効率の省エネシステムなどを世に送り出すべく各方面で活動しています。

ヒューマンヘルス事業やベターリビング事業は「人」を対象とした商品分野ですが、エコソリューション事業の対象は「地球環境問題」であり、そのための企業や市民生活での環境調和型活動を促進することにあります。クライアント・サイトの先進の環境メリットと経済性・利便性の両立に向けて日々調査・研究・提案活動に取り組んでいます。


Ⅰ GHP/EHP導入提案事業

エコキュートの登場で一躍有名になったヒートポンプ(HP)方式の省エネシステムですが、理論としては100年以上前から確立していました。そして業務用としては非常にポピュラーな省エネ方法で、技術的にはかなり成熟したシステムでした。近年、地球温暖化問題が浮上し、化石燃料などの燃焼という行為からエネルギーを得ることの代償として発生するCO2が温室効果ガスとして烙印を押されると、エネルギーを効率よく手軽に生み出すヒートポンプ技術は、政府の補助金制度などの後押しもあり、環境の問題意識の高い都市部を中心に家庭への普及が急速に高まりました。 そのエネルギー源は主にガスと電気で、それぞれ略称がGHP・EHPとなります。
省エネシステムには、立地や使用目的により、その場所に最もふさわしいソリューションがあります。エヌエクスは特定のエネルギープロバイダーや機器メーカーに依らず、常にユーザー目線でのソリューションを考えます。またエヌエクスでは、次のステップとして、更に高効率のヒートポンプシステムを世の中に提案し、普及すべく活動を続けています。


Ⅱ コジェネレーション導入提案事業

ひとつのエネルギー源から二つ以上のエネルギーを取り出すシステムをコジェネレーションと呼びます。もともと舶用に開発されたシステムで、 業務用では主に化石燃料をエネルギー源とします。取り出すエネルギーは電気と排熱(一部蒸気)が主流で、ユーザーにとってはコスト面のメリットが期待できると同時に、 効率性を追及した活用方法を採用すれば、地球に対する環境負荷の軽減にも役立ちます。
またエヌエクスでは排気から生じるCO2にも注目し、これを植物や野菜類の生育に施用する提案をしております。ハウス栽培などのケースでは最適なシステムとして注目されており、実証時期を経て、今後一般に普及することが期待されています。


Ⅲ 資源再生サイクル導入提案事業

日本における廃棄物の分別回収、再資源化を定めた各種リサイクル法のうち、エヌエクスでは容器リサイクル法(容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律)における樹脂系廃棄物と、建設リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律)における木質系廃棄物に注目してコンサルティングを進めてまいりました。
今後は一歩踏み込んで、より具体的に廃棄物の発生現場からの回収、運搬、再資源化、再利用までのサイクルを構築し、限られた資源の効率的有効活用を実現していきます。